FX システムトレード

システムトレードを始めるなら機能面でも充実したFX口座を使おう!

株をやっていましたが、思うように勝てず最近では飽きてしまっています。このまま続けても勝てそうにないので、株は一旦辞めて、その資金を使い今度はFXを始めてみようと考えました。

まずは勝つために勉強から始めます!株のようにならないためにも必死で学びます。毎日時間を見つけては勉強していましたが、その中でシステムトレードというものを知りました。ルールに則り取引を行うので、損切りが感情に左右されずに出来るようになります。

これはいいと思い、自分のFXでの戦略に取り入れることにしました!でも口座もまだ作っていない段階なので、シストレをすることを決めたものの、マッチした口座の選び方もまだかわっていません。

そこで、シストレで稼いでいる人のブログなどを参考に、使いやすい口座を選ぶことにしました。成功者の声を参考にすることが一番の近道だと思ったからです!

そして実際に良さそうなFX口座を開設!実際に取引するところまでやってきました!時間をかけて選んだだけあって、機能面も充実していて思った通りの取引が出来ています。大手のFX口座ということもあり、取引をする際のコストも抑えることができていて、口座選びには成功したと言えます!

私が使っている口座がサイト内でも紹介されているので、気になる方は使ってみてください!やはりFXは注文機能や情報ツールなどの充実した優秀な口座がオススメですよ!

通貨トレードを始めるなら知っておきたい、〝指値〟と〝逆指値〟

世の中に絶対なんてことはないけれど……。通貨トレードをはじめた誰しもがきっと思うこと、「できれば損はしたくない!」。株やFX(外国為替証拠金取引)をする際、必要なことは、テクニカル分析などのチャートを理解し、取引の現場に活かせるという「知識」、何度も場数を踏むことにより、ありとあらゆる状況に柔軟に対応できるようになる「経験」、そしてなによりも一番大切なのは、「メンタル」だと言います。「絶対に損をしたくない!」という頑固な気持ちが、含み損を積み増していく結果に繋がる……。

通貨トレードを行っている人のうち、全戦全勝、とまではいかないにせよ、そこそこ儲かっているとされるのは全体の二割。あとの八割は負け組、とされています。素人トレーダー、というより、ほとんどのトレーダーは、そうした負のスパイラルに陥ってしまっているのかもしれません。

とは言え、やはり目先の勝ち負けは重要です。数日待てば、さらに値上がりが期待できた通貨を、値がわずかに上がったタイミングで慌てて売りに出してしまった!なんて……、泣くに泣けないですよね?

反対に、もっと値が上がるんじゃないか、と待ちつづけ、待ちつづけ……、しているうちに、周囲がどんどん売りに出してしまい、あっという間に値が下がってしまった、なんていうこと……、こんな苦い経験も持つ人も実際、多いのではないでしょうか。

そこで、きちんと知っておきたい、〝指値〟と〝逆指値〟について、ご説明しましょう。

自分が予想した金額を、取引するFX会社、証券会社などあらかじめ伝えておき、その予想金額を上回ったときには「売る」、下回ったときには「買う」、この指示をすることを指値と言います。これとは反対に、予想金額を下回ったときに「買う」、上回ったときに「売る」、この指示をすることを逆指値と言います。指値、逆指値の指示を間違うと、えらい目に遭ってしまいますので注意が必要です。よく考えた上で設定しましょう。

また、指値・逆指値の設定ができるFX会社、証券会社は限られていますので、インターネットなどで検索してみるとよいでしょう。

歴史や地理に興味があるならトルコリラによるFX取引はいかが?

これから株の取引をはじめようというとき、あなたならどのような基準で購入する株を選びますか。プロのトレーダーがこぞって勧めるような優良銘柄、今後発展していきそうな将来性のある会社の株などの他に、それほどメジャーではないけれど、その会社のつくっている製品のファンであるとか、雑誌やテレビ、インターネットなどのメディアでその会社のトップ、あるいは社員のインタビューをしているのを見たが、興味深かった、好ましかった、だから、その会社を応援してみたくなった、というような個人的な理由での投資をはじめるのも、楽しいものかもしれません。

こうした個人的な興味を生かすという観点を、FX取引(外国為替証拠金取引)について考えてみるのはいかがでしょうか。

たとえば、優良ワイン、洗練された料理、シャネルやルイ・ヴィトンに代表されるようなブランド品など、とにかくフランスの文化が好きである、とします。今、EU諸国(欧州連合加盟国)では、その国々で発達してきた通貨をやめ、共通通貨のユーロを使用していますから、フランスが好き、総じてヨーロッパが好き、ということなら、ユーロを購入、と考えてみてもよいし、かつてフランスで流通していたフランに郷愁を感じる、歴史の重みを感じる、という人なら、今もフランが流通している、アフリカ諸国の通貨でFX取引をはじめてみる、という発想を持ってみるのも個性的で面白いものです。概してアフリカ諸国の政策金利は高めの設定がなされています。それに比べ、日本の政策金利は低めです。その金利の差から、アフリカ諸国の通貨を購入するだけで、スワップ金利が得られることも嬉しいところ。

歴史的な興味から、ということなら、トルコリラもお勧めです。こちらも、郷土料理のケバブ、お餅のように伸びる不思議なアイスのドゥンドゥルマなど、日本でもお馴染みです。トルコは昔から親日で、日本人旅行客にも親切。外貨トレードの意味合いで購入したトルコドルでも、「いつか旅行の際に使おう」という面を持っていると、しあわせな気持ちになれること請け合いです。

株や外貨トレードに必要なのは、情報収集、知識、場慣れ、そしてなによりメンタル面の強さ、と言われています。メンタル面を鍛えろ!なんて体育会系ノリで言われても、一般人には難しいことですよね?そうした場合、目先の勝ち負けばかりにひたすら、こだわるより、悠久のロマンに思いを馳せる、というような心の余裕を持つことも大切かもしれません。

ちなみにトルコリラも政策金利が日本より高め。スワップ金利を得るにも最適な通貨です。

外国為替レートの変動、携帯からなら、いつでも気軽にチェックできる

外国為替証拠金取引(FX)をはじめたようと考えたとき、気になるのが価格の変動。ボリンジャーバンドなどのテクニカル指標をつかって、ある程度のの予測はできたとしても、いざ決済、となったときには重要なのは、即断即決するということ。売りにしても、買いにしても、もっとも適した時期というのがあり、大勢の人がそれを待ちかねている状態です。あっという間に出遅れて、一瞬の好機を逃してしまうなんて……、やりきれませんよね!

しかし、プロのトレーダーのように、一日中、パソコン画面に張り付いて価格の変動に目を光らせている、というわけには行きません。サラリーマンにしても内勤の場合ならともかく、営業で一日出歩いている、などという人にはパソコンに向かう時間はほとんどない、と言っても過言ではないでしょう。では、営業職や接客業の人は株や外国為替取引を諦めないといけないのでしょうか。それとも価格の変動をチェックする時間が、他の人よりはるかに少ない、というリスクを承知で、それなりの利益に甘んじているしかないのでしょうか。

「そんなことないですよ」。そう答えてくれたのは、外国為替取引3年目という、大手ゼネコン営業職のTさん(36歳)。

「私は以前から、携帯で価格のチェックをしています。移動時間や、ランチのときなど、オフィスワークの人と違って、同僚や、上司の目がありませんから、いつでも気楽にチェックできます。会社だったら、思いがけない為替の変動に一喜一憂したときでも、喜びの声も、落胆のため息も出せないですよね」

確かに。おっしゃる通りです!

「しかも、私は、為替レートが目標値に達したとき、すぐさま通知してくれるという大手証券会社のサービスを利用しています。好機を逃すことなんて、まずないですよ!」

為替レートの変動を携帯で気軽にチェック。おしらせ機能もついているので、売り買いの時期を逃さない。いい時代になりました!